Wednesday, July 20, 2016

トランプと日本

English Version: Why Trump Could be Good for Japan

トランプが日本に好都合であり得る理由

東京ーーーヒラリー・クリントンのカリフォルニアでのバーニー・サンダースに対する決定的な勝利に伴い、11月の大統領選における戦いはほぼ明白になった。党大会二者の土壇場での狂乱がないとするなら、トランプ対クリントンと見られる。1年前には殆ど誰もこの組み合わせを想像もしなかったのに、この有様だ。おそらくはオーランドのナイト・クラブでの銃撃に際するトランプの無神経な反応のせいで、最新の世論調査はクリントンの圧倒的なリードを明らかにしている。しかしながら、昨年の状況が我々に何かを教えているとすれば、それは”トランプを早々と見限るのは誤り”ということだ。

はっきりさせておくが、私はトランプ・サポーターではない。この論説のポイントは、トランプの勝利がアメリカに好都合たり得る、と主張することではなく、むしろそれにより日本にとって好ましい幾つかの副作用が見込めるということだ。クリントンへの投票は、様々な意味で、現状維持への投票だ。もしあなたがバラク・オバマ下での諸々の成り行きを好み、同様の状態をを更にと望むのであれば、彼女はあなたの候補者だ。このような投票は、疑いなく論議を招くところであろう。

対照的に、トランプは基本的に(どのカードにも代用できる)ワイルド・カードだ。ひとたび官庁に入った彼が何をするかについては実のところ誰も考えを持っておらず、多分トランプ自身でさえもそうだろう。彼の当選は、二大政党にその独自性の再評価を課するだろう。彼の支援者のうち多くの割合が、ただ単にワシントン権力体制に飽き飽きしているから、それと現状の政治をぶち壊したいからという理由で彼に勝ってほしいと望む。

そしてここに日本にとっての好機がある。トランプは本質的に日米関係のリセット・ボタンである。クリントンは日本についての新たな考えや懸念を持っていそうもない。トランプはしかしながら、貿易や外交政策についての方針をコメントし、明らかに全てを交渉可能と見る。日本とアメリカの関係がこのまま続く限り、検討の余地のないことは何一つない。

経済におけるトランプの大衆主義を一考してみてほしい。もしも彼がTPPに立ち向かい、貿易条件の再交渉に努めれば、それは日本に保護貿易主義的政策のうち幾つかの再考を強いるかもしれない。それは日本の消費者にとって恩恵につながることが考えられる。今年、シャープが台湾企業ホンハイに買収され、日本のエレクトロニクス会社として海外からの記念すべき初獲得を喫したことを思い出してほしい。

トランプの奮闘が日本産業により多くの保護貿易あるいは自由貿易のどちらをもたらすにせよ、いずれかの進路が多数の企業にわたってその法人収益と雇用を揺さぶるであろう。ディール・メーカー(交渉役)総理大臣安倍晋三の首尾いかんにより、新たな協定が慢性的な日本の経済停滞から抜け出す助けになるかもしれない。

しかしトランプの経済観は、日本変革へと続く可能性を秘めた一番の道ではない。トランプは公然と日米安全保障条約を批判する。彼は日本が核兵器を持つべきとすら提案した。トランプの「アメリカ第一」ビジョンは、日本はもっと独力でやるべきとの信念をはっきり示している。彼は日本を、アメリカの善意を利用している裕福な国と見なす。ビジネスマンとして、アメリカから幾らかの 重りを取り除いてそれを日本に戻すようなより良い契約の再交渉を望んでいる。

このことは、政治の大規模な変化へと日本を導くかもしれない。アメリカ大統領が「より自立した日本」を強硬に求める続ける最初の機会となるだろう。それは安倍と彼の政党が日本の軍事統治権を再制定する憲法改正にあたって、その牽引力を得るために必要とするほんのひと押しであるかもしれない。それはまた、安倍の対抗勢力を勇気づけ、結果的に憲法温存に力添えして終わる強力な反感をもたらすかもしれない。

言い換えると、日本は(釣りをするか餌を断つか、)去就をはっきりせねばならないようだ。アメリカが日本の保護者となるようトランプに刃向かうか、自己依存の意識を目指して共に進むか。それは戦わすに値する議論ーー低い投票率を一貫して続ける有権者たちを活気づける議論かもしれない。とりわけ若者が政治的プロセスから切り離された社会においては、このような議論は人々の関心を喚起する助けとなるだろう。

日本文化は均質的に見えるようでいて、多くの政治的社会的問題には真の区分がある。日本を再び軍国主義にするのを何をおいても食い止めたいと願う戦争反対の対立グループあり。西洋文化のアイディアーー労働者保護、男女機会均等、同性婚、人種多様性等々をもっと取り入れたいと願うグローバリストや進歩派あり。そして反対側には国粋主義者や保守派あり。後者は「日本を日本のままにしておきたい」と欲して文化を保存し、一方前者は日本が世界のステージでより大きな役割を要求するために軍事勢力を再建すべきだと信じる。最後に、どこか真ん中あたりにはすべての穏健派、無所属派、そして自由至上主義者タイプあり。彼らはあらゆる個別の問題について、広範な見解を表明する。

日本の未来がどの政治的党派にも属さないにもかかわらず、トランプ大統領(職)が着手するであろう文化的大改革はそのパワー・バランスを組み直すかもしれない。このような変革には多くの不確定性があり、日本の現状は世界中の多くの国に比べればかなり卓越している。私は「現状のままで余計なことをしないクリントン大統領(職)のほうが、きっといい選択との意見に敬意を払う。しかしながら変化を望む人々にとって、トランプは日本を改めて卓越させる格好の一助となるのではないだろうか。

Monday, July 18, 2016

On Changing Character's Race and Gender



I saw a story today about how Iron Man is now being portrayed by a black female in the comics. This is part of a bigger trend by Marvel to try to increase representation of minorities in their stories by replacing popular existing characters. They have done this with a female version of Thor, a black version of Spiderman, a female Wolverine, and a black Captain America. There are likely others I am forgetting.

It isn't just Marvel or comics doing this either. On TV and in theaters we have seen recently a black version of Perry White, a black version of Jimmy Olsen, a black version of orphan Annie, and a female version of Doctor Watson, Sherlock Holmes' partner. Remember that this is not about actors portraying characters of a different race, such as Scarlett Johansson portraying Motoko from Ghost in the Shell. That's a different issue. This is about the character themselves being altered and made to be a different race or gender. In the case of Marvel comics, what they have been doing is replacing the white man behind the mask with existing or new minority characters. Not quite the same thing but the same basic purpose.

So how do I feel about this as a black man? In general I oppose it. I think making jarring demographic changes to characters can be interesting for Elseworld comics – thought exercises, side stories and the like. However for mainline runs or big budget movie adaptations, I think it is wrong for a number of reasons.

The first thing that bugs me about it is the blatant pandering. These companies switch the race of an already popular character and then pat themselves on the back for “uplifting” minorities and increasing their representation in media. Any minority with a brain ought to be annoyed at how condescending that is. This attitude from media companies, “See! Look! Look! He's BLACK now! She's a WOMAN now! See? Aren't we awesome???” In practice whenever the biggest and most surprising thing about someone is their race or gender, you are almost guaranteed to have a boring character. What's more, it doesn't even really achieve the stated goal of “increasing minority representation,” since everyone knows that they just temporarily replaced a well-known white character. It is equivalent to bringing in a few black substitute teachers at an all white high school and then acting like the school has meaningfully increased minority representation on its staff.

I dislike tokenism. I dislike the idea that a single black comic character can somehow be representative of all black people. It's insulting. Beyond the pandering is the fact that it is incredibly lazy. In the same way that Hollywood increasingly only churns out sequels, reboots, and adaptations, big comic book companies are loathe to launch new heroes. Instead, they just take someone already popular and switch up the demographic details. “Hey, everyone already loves Thor. Lets just do FEMALE Thor!” The implicit message is that women and minorities do not deserve their own heroes. Let them be content to just ride the coattails of a tried and true white male hero who has already paved the way for them. Why take risks on non-white and female characters when you don't have to?

It isn't just insulting to minorities though; it is also unfair to white people. How is it that people can complain about “white washing,” in Hollywood when the same thing is done to white characters again and again? How would we feel if Hollywood remade Blade with a white guy as the main character? Or how about we get Emily Stone to play Storm in the next X-Men movie? Or how about we have a man take over as the new lead of Tomb Raider? The fact is, all characters, white, black, male, female, or whatever, have a history that should be respected.

Greek mythology gave us great characters like Hercules and Zeus. It is unique to that culture and something Greeks can be proud of to this day. In the same way Sherlock Holmes is a uniquely British character. Kuro Hazama (Blackjack) is a uniquely Japanese character. All over the world, from South America, to Africa, to Europe, are civilizations with their own mythologies and literary traditions. Some have been passed down for centuries. When we change those histories – rewrite Annie as black or James Bond as a woman – we disrespect the heritage of that character as well as the culture that spawned it. Implicitly we understand this with non-white characters. No one would dare rewrite Zorro as a blonde German. But because of contemporary PC altruistic philosophy, we think it is virtuous to blot out characters of white or male or European ancestry.

How is it that the same people who whine about Justin Timberlake appropriating black culture by singing R&B, can be OK with explicit appropriation of white characters? The common argument as to why it is OK to replace white / male characters but not others centers on nebulous non-concepts like “historical injustice,” and a supposed lack of representation. But this does not bear much scrutiny. For one, no injustice is corrected by erasing white or male characters. All you do is create a new injustice. Secondly, this does nothing to help women and minorities thrive in creative fields with their own unique characters. 

Every time you you swap out a popular white character for a minority, you send the message that there is no need for or interest in minority characters that stand on their own. Instead, you teach minorities that their time is better served petitioning corporations to change white characters for them. This has the effect of tacitly affirming the opinion of racist whites who believe that not only are minority characters inferior, but that minorities are incapable of even attempting to compete with whites in creative fields. You are proving them right.

And here we come to my biggest reason for not liking these changes: It is divisive. It creates more hostility between minorities and whites than it cures. It perpetuates the dangerous zero-sum idea that the only way for minorities to gain is by tearing down whites. The minorities that buy into this take it as a victory every time an established white character is 'taken,' and made 'theirs.' Whites, rightly, see their own culture as being unfairly appropriated.

Minorities do not have to 'take' from whites in order to uplift themselves. Instead we need to work and build and create for ourselves in order to excel. We need to build our own stories, our own franchises, our own communities. We cannot blame racism for not doing this. Yes, racism exists, but it is not so powerful as to force us to beg, hat in hand, for noble tolerant white people to give us their sloppy seconds. Insisting that whites temporarily change the race / gender of their own popular characters to make us feel like we are equal creative participants in popular fiction is a degrading idea. It is a continuation of white man's burden. Instead of relying on the charity of whites, we need to show that original black characters can be successful on their own.

This is why characters like Black Panther and Lucius Fox are so important. Black Panther is an original African hero with his own unique background and concept. He's just as awesome as the Dark Knight with the right story. Lucius is an example of an original supporting minority character done right. Fox makes Batman more believable, is a brilliant engineer, shrewd businessman, and a key ally to the Wayne family. He also just happens to be black. No big deal. No need for a parade or a whole lot of self-congratulations on DC's part. Just a cool new character blazing his own trail in movies and comics. That is what women and minorities need. More Black Panthers and more Lucius Fox's.

Tuesday, July 5, 2016

発言者としての地位



あなたの家に二人の来客が泊まっていると想像してみてほしい。ゲスト1は、あなたの家の上っ面のしつらえや様子にやたらと好感を示す。しかし翌日になるまでもなく、あれこれ文句を言いだす。彼はあなたが用意する食べ物や、家具の選択や家族の日課が気に入らない。彼はあなたの家のいくつかの習慣に欠点を見いだし、彼が育った家庭の習慣を取り入れるべきだと主張する。その一週間後、彼は何事もなかったかのように自分の家に帰っていく。ゲスト2は、あなたの家庭や家族をもろ手を挙げて敬愛する。あなたのライフスタイルを取り入れるために、自分の流儀を踏み外す。ふとした運命の導きで、彼はあなたとずっと住むことになる。彼はあなたの家庭にまつわる人々とうまくやっている。職業を持ち、経済的に貢献する。基本的に、彼は家族の一員だ。暫くしてから、彼はあなたの家庭内の事柄をどのように改善するかについて、提案を申し出るようになる。

日本の外国人(ガイジン)コミュニティーには、保守派と革新派、二つの陣営が存在する。前者は文
化を敬愛し、その保存を望む。後者は日本を何かにつけ進展遅れとみなし、より西洋化させる道を模索する。そこで私が見るに、どちらの陣営も国外居住者ではなく移民とならない限り、確固とした社会的発言権はない。国外居住者は、社会に没入しない。彼は数年を楽しみ、そして我が家へと帰る。移民は深々と関わる。彼は永住の心づもりである。カルチャーに馴染み、言語を学び、子供をそこで育て、キャリアを築き、税金を支払い、しばしば市民権や投票権を得る。彼は”自己資金投資の賭けをしている”と言えるだろう。このような理由から、生粋の市民は彼の見解に一目置き、国外居住者のことは概ね気にかけない。

これは国外居住者や一時ビジターにとって、フェアでないだろうか? もしもあなたがアメリカ人革新派であれば、中東や南アメリカの移民がアメリカにやってきて、声高にホモセクシャルの違法や宗教教育プログラムへの政府資金増額を訴えたら、どう感じるだろう? おそらくは、節度がないとわかるはずだ。「そんなに自国の文化が好きなら、さっさと国に帰ったら?」と考えるだろう。そこまでは思わないにしても、アメリカ世論がこんな侵入者をひたすら無視することを望むに違いない。

国外居住者には意見する権利がない、と口に出している人はいない。誰しも一度は来客になった経験がある。私にもフロリダの叔母のクレイジーなアパートでの一夜のあと、彼女のライフスタイルについて「目一杯」の意見があった。ただそのどれもが命に関わるものではなかったし、それゆえ自分の考えはしまっておいた。同様に、国外居住者は何を思ってもいいし、望む形で自分の見解を言葉にしてもいい。けれど、彼は土地の文化をそれほど知らないこともままあり、その視点は単に自国の文化に慣らされた好みの現れにすぎないので、人は彼を相手にせず、その存在を平気でスルーする。対照的に、移民は第二の故郷の文化を、必要上それなりにディープに掘り下げている。彼は故国からバケーションで訪れているのとは違う。新たな故国を築きつつあるのだ。その地により精力を注ぎ込み、周囲から影響を受けることもより多いので、彼の見解は一考する価値があるものになる。

日本の社会は、日本国民が日々生きて選択を重ねるとともに自然と進化していく。この国に意欲的に関わり、発言適格者としての地位を手に入れた外国人は、この進化を形作る立場を獲得する、と私は考える。革新派に対する私のアドバイスはこうだ。「もしもあなたに社会でのまっとうな発言権がないなら、人々に注意を払わせる資格を得たかのごとく振る舞うな。もしも確固とした発言権を持っているなら、『他の国はこうだから、日本もこうするべき!!』といった事実にのみこだわるのではなく、変わることで物事をいかに具体的に良くするかという方法論にフォーカスしろ。」保守派に対しては、こう言いたい。日本的だからという理由だけで、日本文化のいかなる局面をもやみくもに擁護するのはやめろ、と。日本を含め、すべての文化は進化し変容し、ときにそれはより良い方向へと向かう。どのバトルを戦うか、取捨選択せよ。保存するに値するもの・ことにフォーカスせよ。

Sunday, July 3, 2016

日本語で書きましょう!

Going to start putting Japanese language articles here. I have been working on translating some of my reviews and political writings. I am working with a few different translators and studying on my own as well.